乳液・クリーム

40代からの肌に選びたい乳液とクリーム

乳液やクリームにはどのような役割があるのかご存知でしょうか?

毎日のケアに取り入れている乳液やクリームには、油分を補い、肌をなめらかにするという役割があります。

乳液やクリームの使いすぎに注意する


40代になると肌が乾燥しやすくなるので、化粧水や美容液で保湿を行った後に、さらに乾燥しやすい目元や口元を中心に乳液やクリームをつけことで、気になる乾燥を防ぐことができます。

ここで注意しなければいけないことは、保湿をしっかり行いたいからと言って乳液やクリームをつけすぎてしまうと、毛穴に余分な皮脂がつまることがあるので、つけすぎには注意が必要です。

毎日のケアで乳液とクリームを両方使用しているという方も多いのではないでしょうか。乳液とクリームが肌に果たす役割は似ているので、どちらか1つ使用すれば十分だと言われています。

どちらを使用すればよいのか迷ってしまうとい方のために、乳液とクリームの違いをご紹介します。

乳液とクリームはどうちがうの?

乳液とクリームも、水分の蒸発を防ぐことが基本的な役割です。今は、この役割にさらに水分の保持やエイジングケアなどを成分を加えたさまざまな商品が出ています。

違いをあげるとすれば、乳液のほうが油溶性成分が少なめに配合されているので、乳液を選ぶときには、保湿効果が高いセラミドが配合された乳液を選ぶと良いでしょう。

一方で、クリームは油溶性成分が多くこってりとした重めのテクスチャーなので、好みに合うほうを使用してみてはいかがでしょうか。

クリームを選ぶときには


最近は、いろいろな成分が配合されたクリームが出ているので、その中から目的に合う成分が配合されたクリームを選ばなければいけません。

ここでは、40代の肌に効果的な成分をご紹介します。

セラミド

セラミドは、高い保湿効果が期待できることで注目を集めている成分です。

セラミドは、角質層で細胞と細胞の間にあり、水分をはさみこむ性質がある成分ですが、加齢により減少していきます。より高い保湿効果を求めるときは、人が本来持っているセラミドに近いセラミド成分が配合されたヒト型セラミド、セラミド1、セラミド2などが配合されたクリームを選びましょう。

ナイアシン

ナイアシンは、コラーゲンの合成を高め、肌にハリを与える成分です。

刺激が少ないので、敏感肌の人も安心して使用することができるので、肌が弱い方はナイアシンが配合されたクリームを使用してみるのも良いかもしれません。

レチノール

レチノールは、もともと体内にあるビタミンであり、コラーゲンを増やす作用があります。

エイジングケアが期待できますが、皮膚を乾燥させる作用もあるので、気になる部分のみに限定して使用するという使用方法もあります。

プラセンタエキス

プラセンタエキスは、美白と保湿効果があり、ターンオーバーの促進やコラーゲン生成など、40代の肌に必要な効果が期待できる成分です。

おすすめの記事

  1. オージオ プラセンタex
  2. the-foam4
  3. 基本のサプリ11
  4. trinityline8
  5. ライースリペア実感セット6
  1. 更年期の肌ケア

    40代の基礎化粧品選び。参考にしたいエイジングケア効果のある成分
  2. 更年期の基礎知識

    更年期に心がけたい、不足する女性ホルモンを高めるための食生活
  3. みんなの肌潤化粧水

    化粧水

    みんなの肌潤ろーしょん口コミまとめ@アトピー肌のために作られた お砂糖とこんやく…
  4. オールインワン

    40代からの肌に選びたいオールインワン
  5. クレンジング・洗顔

    40代からの肌に選びたい洗顔料
PAGE TOP