更年期関連のコラム

その足のしびれ、もしかしたら更年期障害かもしれません

更年期障害にも色々な症状がありますが、手足のしびれもその一つです。

動作をした瞬間に手や足にしびれを感じるのが一般的な症状ですが、中には皮膚の表面が何となくピリピリと痛い、物を持つ感覚がない、蟻が皮膚を這っているような感覚(蟻走感)がする、自分の意思と関係なく指や手が動くといった症状を訴える方もいます。

更年期障害としてあまり知られていない手足のしびれ

手足のしびれは更年期障害の症状としてあまり認知されていないため、これが更年期障害だと気がつかない人も多くいます。

更年期における手足のしびれは、時間の経過とともに自然と治まることが多いのですが、中には更年期障害ではなく、リウマチや膠原病など他の病気が隠れていることもありますので、注意が必要です。

しびれる時間が長かったり、手足だけでなく全身にしびれを感じる場合、または手足がこわばるなどの症状が見られるようであれば、速やかに神経内科や整形外科を受診することをお勧めします。

しびれが起こる原因とは?


なぜ更年期になると手足がしびれるのでしょうか。手足がしびれる主な原因は、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの減少です。

エストロゲンは、女性らしさを保つために欠かせないもので、肌のハリや弾力にも影響を与えます。そのため、老化が進むことでエストロゲンが減少し、肌のハリや弾力も低下していきます。その結果、健康的な肌を維持することができなくなり、皮膚が薄くなっていきます。

また、年齢を重ねるにつれて体の水分量も減少していき、乾燥が進みます。皮膚が薄くなり、乾燥することで、肌が敏感になり、今までは問題なかった刺激に対しても敏感に反応するようになります。更年期における手足のしびれは、このようにして起こるのです。

 

しびれを改善させる方法について

更年期障害による手足のしびれは、血行を促進させ、基礎代謝を高めることで改善することができます。

年齢とともに基礎代謝も低下していきますので、例えば、ウォーキング、軽いジョギング、ストレッチなど適度な運動をして適度に筋肉をつけておきましょう。適度な筋力があれば、軽い運動でも十分に代謝を上げることができます。

また、血行を良くするには温めることも大切です。普段の入浴も、更年期障害による手足のしびれ対応策としてはとても効果的です。ぬるめのお湯に浸かって全身を芯から温め、しびれがある部分を手のひらで円を描くようにマッサージするとよいでしょう。

手足のしびれに対処する場合に身体を温めるときは、表面よりも体の芯を温めることが大切です。手袋やアームウォーマー、関節を温めながら動きを助けるサポーターを併用することもお勧めです。

 

手足のしびれや関節痛を改善させる効果的な方法

この他にも、更年期における手足のしびれや関節痛を緩和する方法としては、以下の方法が効果的であるといわれています。

プラセンタサプリメント

品質が一番高いといわれているのは馬プラセンタサプリです。更年期の症状以外にも関節痛が出ている場合は、女性ホルモンの減少によるものが原因と考えられます。

プラセンタには体内の女性ホルモンの量を調整する内分泌調整作用や自律神経調整作用があります。更年期真っ只中の方には女性ホルモンを増やし、卵巣機能の低下による不調を抑制する働きをしてくれます。

マカサプリメント

マカは、自律神経や女性ホルモンのバランスを整え、体質改善や更年期障害の諸症状に効果を発揮します。更年期真っ只中の方には女性ホルモンの減少を緩やかにし、プレ更年期の方には女性ホルモンのバランスを整えて不調知らずの身体にする効果があります。

女性ホルモンを補充

女性ホルモンの一つであるエストロゲンを補充します。ただし、ホルモン補充療法をやめると途端に、女性ホルモンは0になります。更年期の時期が終わるくらいまで続けるのが難しい方には、この方法はお勧めしません。そこで、女性ホルモンと同じ働きをする成分として有名なイソフラボンを摂取することをお勧めします。

ただし、更年期障害の症状が出た後ではイソフラボンで対応することはできません。この場合、女性ホルモンのエストロゲンと同じくらい活性力のある成分であるミロエステロールがお勧めです。ミロエステロールの効力はイソフラボンのなんと1,000倍ともいわれています。

漢方

即効性はありませんが、長く飲み続けることで効果を発揮します。

<疎経活血湯> 下半身の関節痛に。
<当帰四逆湯> 冷えで関節が痛む場合に。
<当帰建中湯> 血流を良くする場合に。

 

サプリメントを併用すれば辛い症状を軽減できるかもしれません

更年期 サプリメント
このように、更年期障害の一つである手足のしびれや関節痛を緩和するためには、いくつかの方法があります。

更年期が原因で症状があまりひどくない場合、日々の生活の中で運動やマッサージを取り入れ、サプリメントを併用することで、症状を軽減することができます。

また、血行を悪くする糖質や脂質の過剰な摂取は避け、和食を中心にバランスのよいメニューを心がけるなど、食生活にも気を配ることで、効果を実感することができます。

 

関連記事

  1. 更年期を上手にのりこえる方法コラム

    更年期関連のコラム

    更年期障害による眠気を改善する方法

    更年期の症状には、眠れない(不眠)という症状がある一方、眠くて眠くて仕…

  2. 更年期関連のコラム

    出血がいつまでも止まらない…!?更年期の生理に隠れた病気

    更年期の症状の一つとして月経過多(生理の出血がいつまで経っても止まらな…

  3. 更年期を上手にのりこえる方法コラム

    更年期関連のコラム

    生理痛のような下腹部の鈍痛。これも更年期特有の症状なの?

    生理痛に個人差はあるものの、40代を過ぎたら生理痛がひどくなった、とい…

  4. 更年期を上手にのりこえる方法コラム

    更年期関連のコラム

    閉経と生理の関係について

    日本人女性の場合、閉経する年齢は50歳前後が平均的です。もちろ…

おすすめの記事

  1. オージオ プラセンタex
  2. the-foam4
  3. 基本のサプリ11
  4. trinityline8
  5. ライースリペア実感セット6
  1. shizuka1

    オールインワン

    《60%オフ》シズカニューヨーク化粧品口コミ効果まとめ@世界中のセレブが愛用する…
  2. the-foam4

    クレンジング・洗顔

    duoザフォーム 半額購入@1本3役、炭酸濃密泡で明るい素肌を作る人気の炭酸フォ…
  3. ライースリペア実感セット6

    お試しセット

    ライースリペア実感セット口コミ@1か月使える化粧水つき8400円相当⇒2500円…
  4. 更年期の基礎知識

    閉経後は糖尿病に気をつけよう
  5. 更年期の基礎知識

    まるで別の人の肌みたい。急激に変わる更年期の肌をケアする方法
PAGE TOP