更年期の基礎知識

更年期に入ったら骨粗しょう症対策も始めよう

骨がもろくなるのは高齢者と呼ばれる年齢になってから。と思っている方も多いかもしれません。まだまだ先と思っていても、骨の量が急激に減り始めるのは閉経以降ということがわかっています。

閉経後10年で骨は平均で2割も減ることが判明しているので、更年期になったら骨を守る対策も必要になってきます。

閉経後は骨粗しょう症になりやすい


閉経後に気をつけなければいけない病気の1つに骨粗鬆症(こつそしょうしょう)があげられています。骨の状態は外からはわからないので、ちょっとしたことで骨折してしまい、その時はじめて「骨密度が低下している」ことに気づくという方も少なくないようです。

実際にある50代女性のお話ですが「転倒して骨折をしたことで骨そしょうしょう症だとわかった」そうです。そして、似たような例は多くあがっているようです。また、転倒したときに手をつき、手首の骨を折ってしまったという例などもあるようです。

骨は常に新陳代謝を繰り返し、新しい骨に生まれ変わっています。新陳代謝を行うときに重要な役割を果たしているのが、骨を壊す破骨細胞と骨を作る骨芽細胞です。

女性ホルモンの1つであるエストロゲンには、破骨細胞を抑えて骨芽細胞を促進して骨を守る作用があります。しかし、更年期以降はエストロゲンが急激に減少するので、破骨細分の作用が強くなり、骨が弱くなり、骨粗しょう症になりやすくなるのです。

 

60代、70代の骨折は命にかかわる場合もある

60代、70代になると、骨粗しょう症から背骨がつぶれてしまう「椎体骨折」や、腿の付け根の「大腿骨頸部骨折」のリスクも高まります。背骨や大腿骨を骨折してしまうと、腰が曲がったり、寝たきりになってしまうこともあるので注意が必要です。

さらに背中が曲がったり、寝たきりになると、胃や食道の逆流炎や肺炎などの合併症が起こりやすくなり、症状が重くなると死につながることもあります。また、骨粗しょう症の人は、動脈硬化や糖尿病などを合併しやすいということが判明しています。

骨粗しょう症になると骨折の心配だけでなく、死につながるような大きな病気を患う危険性があるということを理解しておきましょう。

 

骨密度検査で自分の骨を調べてみよう

自分の骨がどれくらい強いのか把握しているという方は少ないのではないでしょうか。

骨の強さは、骨密度や骨質で決まります。骨密度の検査は、骨粗しょう症に詳しい整形外科や内科、婦人科などで受けることができます。場合によっては健康保険が適用されることもあり、保険が適用できれば1000円ほどで検査を受けることができます。

骨密度が低かった場合は、治療を受けて骨を強化しなければいけません。主な治療方法は、食事、運動、薬の3つです。食事と運動は治療だけでなく、予防の効果もあるので、更年期以降は、普段の生活で骨強化のための食事と運動を意識しておくと骨粗しょう症を防ぐことができます。

骨強化のための食事、運動、薬について詳しく説明していきたいと思います。

骨を強化させる方法

食事

食事は骨を作る材料の補給になります。骨と言えばカルシウムを思い浮かべる方もいるかもしれません。カルシウムは骨に欠かすことができない栄養素ですが、カルシウムだけでは骨粗しょう症から骨を守ることはできません。

カルシウムの吸収をよくする作用があるビタミンDや、骨の形成を促進するビタミンKも重要な栄養素です。カルシウム、ビタミンD、ビタミンKが骨の3大栄養素と覚えておくと良いでしょう。

3栄養素を効率よく摂取できる食事特に納豆はカルシウムとビタミンKを豊富に含んでおり、魚はカルシウムやビタミンDの他、骨の形成に必要なたんぱく質も多く含んでいます。和食中心の食生活で骨を強化することができます

どうしても食事で栄養を摂ることができないという方は、カルシウムや大豆イソフラボン、MBP、フラクトオリゴ糖などが配合されているサプリメントを摂取してみてはいかがでしょうか。

運動

骨は運動をしていなければ十分に強くなりません。運動による負荷が骨の細胞に伝わり、骨形成が促進されます。骨の強化に適している運動は、ジョギングやエアロビクスなど、筋肉をよく使い、飛んだり跳ねたりして衝撃が体に伝わる運動です。

運動は意識して行いたいと思っているけれど、激しい運動は苦手だという方は、かかとを上げて体重をのせて床に落とすだけのかかと落としや、背筋運動を行うだけでも大腿骨の付け根の骨や背骨を強化することができるので、毎日の習慣にしましょう。

骨粗しょう症の予防や治療に使用される薬は、主に骨からカルシウムが溶け出すのを抑える薬骨や血管にだけ女性ホルモンと類似の作用で骨を守る薬女性ホルモン製剤の3種類です。

症状によって処方される薬は異なり、これらの薬の他に、骨に必要なカルシウム製剤や活性型ビタミンK2製剤などが処方される場合もあります。女性ホルモン製剤は、更年期の書状の緩和と骨粗しょう症の予防を兼ねて服用するのが一般的となっています。

 

骨の心配をするのはまだまだ先だと思っている方も、更年期以降は骨粗しょう症が身近な病気になってくるので、骨強化のために、まずは食事生活の見直しと適度な運動を始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 更年期の基礎知識

    毎日の食生活にイソフラボンを摂りいれよう

    更年期を迎えた年代の女性に欠かすことができない食品である大豆は、女性ホ…

  2. 更年期の基礎知識

    更年期の症状を引き起こす要素と治療法の見つけ方

    更年期には体や心にさまざまな不調が起こることがあります。症状の…

  3. 更年期の基礎知識

    ホルモン補充療法について

    更年期の症状の代表的な治療法の1つであるホルモン補充療法は、体内に不足…

  4. 更年期の基礎知識

    漢方での治療

    更年期の症状を解消するための治療は、ホルモン補充療法が主流となっていま…

  5. 更年期の基礎知識

    更年期に心がけたい、不足する女性ホルモンを高めるための食生活

    更年期は、女性ホルモンが急激に減少していく時期であり、ホルモンのバラン…

  6. 更年期の基礎知識

    閉経後は糖尿病に気をつけよう

    生活習慣病の1つである糖尿病は、予備軍を含めると、その数は2000万人…

おすすめの記事

  1. オージオ プラセンタex
  2. the-foam4
  3. 基本のサプリ11
  4. trinityline8
  5. ライースリペア実感セット6
  1. 更年期の基礎知識

    ホルモン補充療法について
  2. 更年期の基礎知識

    更年期の頻尿・尿もれに悩んでいませんか
  3. 更年期を上手にのりこえる方法コラム

    更年期関連のコラム

    更年期障害による眠気を改善する方法
  4. 更年期の基礎知識

    更年期はコレステロール値が高くなる?正しいコレステロール対策について
  5. 更年期の基礎知識

    更年期とはいつをさすの?快適に過ごすための具体的な方法
PAGE TOP