更年期の基礎知識

多彩な力を発揮する「大豆」の力

更年期の時期だけでなく、年齢を重ねても活き活きと輝いた毎日を過ごすために摂取したい食材は大豆です。

大豆は、肥満を防ぐ、骨を守る、肌の若々しさを保つなど、多彩な機能があり、年齢を重ねた女性に嬉しい作用がある頼れる食材です。

女性ホルモンに良く似た働きのイソフラボン

大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンによく似た働きをするので、更年期の時期は、できれば1日に2回は大豆を摂取することを心掛けておくと大豆の力を体に取り込むことができます。

ある調査によると、40代から50代の女性で全体の約7割の人は、大豆イソフラボンの効果を知っていると答えています。また、閉経後の女性303人に「閉経の前後で食生活で気をつけたことはありますか」というアンケートを行ったところ、大豆製品を多く摂るようにしたという回答がトップになっています。更年期の女性の体には大豆が効果的だということは、もはや常識とも言えるようです。

大豆は良い効果が期待できる、ということは何となく知っているけれど、その効果について改めて聞かれると、上手く答えることができないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、女性にとって頼れる食材である大豆が持つ力について詳しく説明していきます。

大豆はアンチエイジングの強い味方


大豆は、古くから日本人の食生活を支えてきた食材であり、アンチエイジングに効果的な成分の宝庫と言われている食材です。

大豆に多く含まれているイソフラボンは、女性ホルモンに近い作用があり、骨を強くする他、ほてりや肩こりなど更年期の症状の緩和や肌の老化を改善する作用があると言われています。また、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らしたり、血糖値の急激な上昇を抑える効果もあると言われています。

さらに、善玉ホルモンであるアディポネクチンの分泌を促進する作用や、乳がんの予防にも役立つ作用があるとも確認されています。

他にもまだまだあるイソフラボンの成分

大豆に含まれている成分はイソフラボンだけではありません。

大豆に含まれている成分

 大豆たんぱく
血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を抑える作用や、メタボを抑える善玉ホルモンの分泌を促進するがあります。
 食物繊維
大豆は、不溶性食物繊維を多く含んでいるので、血糖値の急な上昇を抑える作用があります。また、女性に多い悩みの1つである便秘の改善にも効果的です。
 ビタミン、ミネラル
カルシウムやマグネシウムなどのミネラルには、骨を強くする作用があります。美肌作りにも効果がある成分です。
 大豆ペプチド
血管に働きかけ、血圧低下に作用したり、筋肉の修復を促進する効果もあります。
 オリゴ糖
腸内細菌の餌になることで善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。
 レシチン
美肌や脳の老化防止に役に立つ作用があります。
 サポニン
抗酸化作用により血液をサラサラにし、毒性を持ち、老化を早める原因物資と言われている糖化たんぱく質を排出する効果があります。
 βコングリシニン
中性脂肪を低下させ、内臓脂肪をつきにくくする効果があります。

このように大豆に含まれている成分は、どの成分も健康な体と美しい肌を保つのに欠かすことができない成分です。

いろいろな成分を摂取するために、いくつかの種類のサプリメントを摂取している方も少なくはないようですが、大豆を食生活の中に取り入れるだけで健康維持に必要な成分を同時に摂取することができるのです。

大豆には本当に効果があるの?調査を行った結果

本当に大豆は優れた成分なのか疑わしいと思っている方もいるのではないでしょうか。

大豆に関してはさまざまな調査が行われています。大豆は体の内側だけでなく、外側にも効果があるということを調査するために、平均40歳の26人の女性を2つのグループに分け、一方には偽サプリメントを、もう一方には大豆イソフラボンを摂ってもらうという調査がありました。

摂取を続けていると、摂取を始めてすぐの時期は、偽サプリメントを摂取した人のほうが効果を実感していますが、時間が経つと伴に大豆イソフラボンを摂取した人のほうが肌に弾力が戻り、目尻の細かいシワも改善することができたという結果が出ています。

また、肥満の男女95人を2つのグループに分け、一方に大豆たんぱく質が配合された飴を、もう一方にミルクたんぱく質が配合された飴を食べてもらったところ、大豆たんぱく質が配合された飴を食べた人のほうが内臓脂肪の面積が減っていたという結果も出ています。

過剰摂取にはくれぐれも注意しよう

女性の体に欠かすとができない大豆ですが、、大豆は日頃の食生活やサプリメントで多く摂れば摂るほど良い効果が期待できるという訳ではありません。

イソフラボンが体に多く入ると、体はイソフラボンと似た作用があるエストロゲンが増加したと思い、エストロゲンの分泌を減らし、もう1つの女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌量を増やしてしまいます。これにより、PMSの症状が重くなってしまったり、月経不順が起こることがあるので、大豆は積極的に摂取したいところですが過剰摂取には注意が必要です。

 

 

関連記事

  1. 更年期の基礎知識

    更年期はコレステロール値が高くなる?正しいコレステロール対策について

    更年期以降は、さまざまな生活習慣病にかかるリスクが高くなります。特に閉…

  2. 更年期の基礎知識

    まるで別の人の肌みたい。急激に変わる更年期の肌をケアする方法

    更年期を迎える年齢になった頃から今まで使用していた化粧品が急に肌に合わ…

  3. 更年期の基礎知識

    ホルモン補充療法について

    更年期の症状の代表的な治療法の1つであるホルモン補充療法は、体内に不足…

  4. 更年期の基礎知識

    更年期には体や心にさまざまな症状が現れます

    人によって起こる症状や症状の強さは異なるので、更年期の症状としてあげら…

  5. 更年期の基礎知識

    更年期に多い疑問Q&A

    更年期には体や心に不調が起こるということは分かっていても、いざ自分の身…

  6. 更年期の基礎知識

    更年期を前向きに過ごすコツとは

    更年期に起こる症状にこれから何が起こるのかと不安を感じているという方も…

おすすめの記事

  1. オージオ プラセンタex
  2. the-foam4
  3. 基本のサプリ11
  4. trinityline8
  5. ライースリペア実感セット6
  1. 更年期を上手にのりこえる方法コラム

    更年期関連のコラム

    閉経と生理の関係について
  2. クレンジング・洗顔

    40代からの肌に選びたい洗顔料
  3. オールインワン

    ユーグレナone口コミ効果まとめ@ユーグレナ配合【10 in one】のオールイ…
  4. 更年期の基礎知識

    更年期に心がけたい、不足する女性ホルモンを高めるための食生活
  5. simius5

    オールインワン

    ホワイトニングリフトケアジェル口コミ・効果・特徴まとめ@シミウスは効果なし?検証…
PAGE TOP